読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Na-Thought

フィクションでもノンフィクションでもいいのです

※物語をご覧の場合はページ下部の「カテゴリ」から、もしくはそれぞれの記事のカテゴリ名からご覧いただくと見やすいです

小説ブログランキングに参加しています
楽しんで頂けたらクリックお願いします
にほんブログ村 小説ブログへ

初恋

初恋っていつだったけ。
初恋ってなんだったけ。
 
そもそも、子供の頃の恋愛なんて幻想や憧れみたいなものでしかなくて、それって思い込みとか自己暗示に近いものがあるのだろう。 
だから盲目とか若気の至りとか言うんだろうか。
 

 


 
そういえば小学校4年生の時に、同じクラスの「あきら君」と好き同士になった。そして、仲良しの「わかちゃん」と「まなぶ」も好き同士だったから、それだけで変な仲間意識がわいて、放課後も休み時間も4人で遊ぶようになって。お互いテレビとか雑誌とか少女漫画から仕入れてきたキラキラした知識をフル活用して、カーテン越しにキスしたり、屋上みたいなところでキスしたりしてたっけ。
 
向こうの二人がしてるから、自分たちも興味本位でするだけだ。
本気で相手に触れたくて欲しいからするんじゃなくて、大人のマネごとの「ごっこ」だったと思う。
 
別にそれは初恋とかでは無くて、多分何もわからないし、まだわからない年頃なりの限りなく「恋愛感情」に近い「独占欲」「優越感」という感情が含まれた「友達として好き」だったんだろう。
 
じゃあ、初恋っていつだったけ。
頭がおかしくなるくらい人を好きになったのはいつだったっけ。
 
頭がおかしくなるくらい人を好きになった自分が好きだった頃はいつだったっけ。

ちょっと頭と心が壊れたのはいつだったっけ。

広告を非表示にする